借入件数を減らす方法

おまとめローン審査で重要視されるのが借入件数です。
おまとめローン審査に通るためにはなんとか借入件数を減らす必要があります。

 

まず、今ある借入のなかから残債が少なく(できれば金利が高いもの)を優先して完済させてしまいましょう
融資限度枠が余っているものがあれば、そこから借りてでも返済してしまうのです。

 

例えばA社20万円、B社30万円、C社30万円、D社40万円として、一番少ないのはA社です。
もしもここでB社に20万円分利用限度枠の空きがあれば、そこから20万円を借りてA社を完済させてしまいます。

 

ここで、20万円を完済したとしても結局B社から20万円借りたわけだから借金は減らないし変わらないのでは?
と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、これにより借入件数が4社から3社に減ることになり、A社は完済になります。

 

借入件数が減ることプラス、完済したという実績がつくことで信用が高くなりますから、より今後の審査に有利になるのです。

 

まずはいまある借入と利率、それに利用限度枠がどのくらいあるかを書き出してみましょう。
どこが一番残債が少なくて金利が低いのか、どこを一番最初に完済させるのか、どこの利用限度枠が余っているのかを確認します。

 

目標は借入件数3件以内に納めることです。
これができればおまとめローン審査に通る可能性がぐっと高くなります。

 

また利用限度枠の増枠申請をするというのも一つの手です。
カードローンの利用限度枠というのは審査によって決定しますが、最初に決定した限度枠に決まってしまっているわけではありません。

 

利用状況によって、増額したりまたは減額することもあります。
増枠可能かどうかの目安は半年程度の利用で遅れることなくしっかり返済し続けたかどうかという点です。

 

一気に100万円といった増額はなかなか難しいですが、10万円、20万円程度の増額であればしやすいと思います。

 

増額した部分で一部の借入をおまとめする。
これも、借入件数を減らす手段の一つです。