おまとめローン審査に落ちてしまった場合には

おまとめローン審査に落ちてしまった場合には焦って立て続けにあちこち申込をすることはせず、まず一旦落ちてしまった理由を分析しましょう。
おまとめローン審査に落ちてしまう理由については個人個人で差はありますが、主な傾向として以下のような理由が挙げられます。

 

  • 申込み内容に虚偽など不備があった
  • おまとめを希望する額が年収に対して多すぎる
  • 審査の厳しいローンに申込をした
  • 借入件数が4件以上あった
  • 過去数ヶ月間に遅延や延滞など返済の遅れがあった
  • 信用情報に金融事故歴が残っている
  • 短期間にあちこちで申込をした
  • 勤続年数が1年未満
  • ローンの利用条件を満たしていない

 

どうでしょうか?見直しをしてみたら、思い当たる理由がありませんか?
もしもこれらの理由に思い当たるものがなく、いろいろ考えても落ちた理由がわからない、というのであれば、一度自分の信用情報を確認してみるといいかもしれません

 

信用情報は金融機関がローン審査の際に確認するものではありますが、自分の信用情報は情報開示といって取り寄せが可能です。
手続きは郵送のほか、インターネットからも可能となっています。

 

ではいろいろと調べて確認した上で、つぎをどうするかということですが、落ちた理由が改善できるものであれば改善して再チャレンジしましょう。
前よりも審査が柔軟なところで申込をしてみるのもいいですし、全部おまとめが無理なら一部だけでも金利の低いローンにまとめるというのも一つの手です。

 

また、もう少しで勤続年数が1年になるというのでしたらそれを待ってから再度申込をするという手もあるでしょう。

 

しかし、金融事故歴があるなど落ちた理由が改善できないものであるならば、債務整理を検討してもよいかもしれません。
おまとめせずになんとか返済していけるならいいですが、もし今にも返済が行き詰まりそうというのであれば、早い段階で債務整理に踏み切りましょう