おまとめローンは総量規制対象外?

おまとめローンは複数抱えているローンを一本にまとめるローンのことで、複数のまとまった額の借入があることが前提となります。
まとまった額の借入を一本化するとなりますと気になるのは総量規制です。

 

総量規制は返済能力を超えた借入を抑制するために改正貸金業法により導入され、個人の借入総額は原則年収の3分の1までに制限されると定めています。
しかし総量規制には除外貸付けと例外貸付けがあり、おまとめローンの場合には、この総量規制の例外貸付けとして年収の3分の1を超えている場合でも利用が可能になります。

 

大手消費者金融では、「貸金業法に基づくおまとめローン」や「貸金業法に基づく借換え専用ローン」などといった商品名でおまとめローンが取扱われています。
通常のフリーローンでは数十万円程度しか借りられないという場合でも、おまとめローンでしたら審査の結果によってはまとまった額の借入が可能かもしれません。

 

また、銀行のローンになりますと銀行は貸金業者にはあたりませんので総量規制対象外となります。
銀行おまとめローンだけでなく銀行カードローンでも、個人の年収により借入額の制限を受けることはありません

 

このように、おまとめ目的でのローンの利用は基本的には銀行でも消費者金融でも総量規制の影響を受けずに借りられる可能性が高くなります。

 

ただし、注意していただきたいのは総量規制の影響は受けないといっても、借入額が高くなればなるほど審査は厳しくなるということです。
総量規制対象外だからイコール借入が可能、というわけではありませんのでその点は理解しておきましょう。